「息の量」は大事なのか、それとも?

今までオーボエを演奏するにあたっての私なりの考えをたくさん書いてきました。その中でも「息」についても多くのことをお話ししてきました。今日はその「息」の「量」についてお話ししようと思います。内容が以前の記事と重なっているかもしれませんがあまり気にしないでください(苦笑)。

オーボエを演奏していて、どうも具合が良くない、いまいちピンとこない、不調だ、だけど何が悪いのだろうか?ということがあります。その場合、「リード」「楽器」「自分の技術」のうち何が原因なのかと考えると思います。そのうちの「自分の技術」で何か問題ではないのか、という時に大抵当てはまるのが「息の使い方」に原因があると思います。少なくとも私の場合はそうです。それはなぜか?オーボエは吹奏楽器であり、息に左右される部分がとても多いからです。声楽の人は体全体が楽器であり、私たち管楽器奏者はあくまで息が基本で楽器は道具として、媒体として使って、その人の歌いごころや伝えたいことを表現している(演奏している)のであり、やはり息が一番大事な要素になるのです。そして、だいたいにおいて「調子が悪い」→「心地が悪い」→「息がフルで活かされていない」→「★」→「息の調子が戻った」→「心地良くなった」→「調子が良くなった」という流れで問題は解決していきます。さて、この「★」の部分、「息をどのように改善したら良いのか?」という部分です。やっと本題になりました。

「息の調子を戻すのに、心地よくするために息の量は関係してくるのか」というテーマですが、私の答えは【オーボエに限っては息の量ではない、息のスピードと凝縮度である】ということです。なぜか?それはオーボエのリード自体がそもそもとても小さい開きしかなく、大量の息を受け入れるだけのキャパシティがないからです。そもそも開きの小さいリードに向かって息の量が足りないと思い多くの息を吹き込むとあっという間にオーバーブロー(息があふれること)になって息漏れをしてしまいます。【息の量は少なくて良い】のです。【ただし、スピードを失ってはいけない】のです。ここで大事なのは「❌息の量が多い=息のスピードが速い」とは限らないということです。私たちが使っているオーボエリードに効率的にスピードと圧力のある息を送り込んでいるという状態は、わかりやすくいうと「水道のホースから水が出ている、その出口を小さく絞る、そこから出てくる水の量は少ないがスピードが速く圧力のあるもの」であり、いわば「高圧洗浄機」のようなものでしょう。出口(リード)から出る水(息)は細いが速い、そしておおもとのタンク(体)の部分にはしっかりと水(息、空気)がためられています。本当は体の中にはたっぷり空気があるけれど実際に狭いリードの出口から出る息の量は少しだけ、なので息がどんどん余ってしまい苦しくなるのです。その処理や扱い方が難しいためにオーボエは難しい楽器とされているのだと思います(もちろんリードの問題もありますが)。※補足ですがイングリッシュ・ホルンになるとリードが大きくなるので自動的に息の量は多くなります。ですので上にオーボエに限っては、と書きました※

では、「量は少ないがスピード、圧力のある息」はどうやったら出来るのでしょうか。これに関していろいろな方法があると思いますし、結果的にうまくいけば何でも良い、と私は思っています。ここでは私自身が実践していて効果があった方法をご紹介しましょう。

二つの大事なポイントがあります。

①スピード感のある圧縮された息はPiepsen(ピープセン、リードのみを鳴らすこと)の音程の高さで

②そのpiepsen(ピープセン、リードのみを鳴らすこと)を持続できる、維持できるアンブシュアの力

となります。一つずつ説明していきましょう。①まず「ピープセン」ですが私の場合はH〜Cis(シ〜ド♯)の音程を基準にしてトレーニングします。その息のスピードと感覚でリードを楽器に付けて吹くと心地よいピッタリはまった演奏になります。例えばH〜Cisよりずっと低い音程の「ピープセン」の状態で楽器を吹くと音程が全てぶら下がってしまいます。このH〜Cisのあいだの音程を変える時に息の量を多くしたり少なくしたりする必要はありません。スピードと圧力を増やす、そしてほんの少しですがリードの周りを包んでいる筋肉(アンブシュア)をすぼめることで音程は上がります。上にも書いたように水の出るホースの出口をほんの少し小さくするのです。続いて②の「リードのみを鳴らすこと、それを維持できる」トレーニングですが、①の状態を最初は数秒から始めて少しずつ長く鳴らせるようにトレーニングします。そうすることでスピードと圧力のある息の流れを支えるアンブシュアの力を鍛えることができるのです。このトレーニングではリードに対して上下の力、歯の力で押し潰してしまわないように、噛み過ぎてしまわないように気をつけることが大事です。と同時に最初は難しいですが、音が震えないように気をつけることです。※このピープセンの音程に関しては個人差があります。H〜Cisはあくまで私の基準ですので自分のできる範囲でできる音程の幅を見つけてみてください※

「息のスピード、圧力が上がった」→「息に勢いが出てきた」→「息に流れが出てきた」→「楽器が良く鳴るようになった」→「支えもしっかりと深く感じられるようになった」→「心地よい演奏になった」→「自分らしい響きになった」

息について少し変えるだけで結果的にこんなに良い方向に向かう、私はそう思っていますし、実際私はこれを基準にして取り組んでいます。やはり管楽器奏者にとって「息」は最も大事なテーマの一つなのですね。今夜はこの辺で。最後まで読んでくださってありがとうございます。

Viel Spass und Freude am musizieren! 音楽に楽しみと喜びを★(2020年3月3日)

コメントを残す