【リード】私の考える大事なポイント②抵抗感

前回に続いて「リードを仕上げていく中で私の考える大事なポイント」についてのお話しです。2つ目は「抵抗感」です。(画像では3番目となっていますが、順番としては2番目としてお話ししていきます)いつもお話ししていますが、これはあくまで私のやり方です。

抵抗感があるということについて、抵抗感が少なすぎる場合、多すぎる場合、そして何が適度な抵抗感なのか3つの例を挙げてご説明しましょう。

①抵抗感が少なすぎるリード すぐに音が出て吹きやすいのですが息を吹き込むときの良い意味でのストッパーが少ないために歯止めが効かなくなって、音程がふらつくのをコントロールしようとしたり、直接的すぎる音色をどうにかしようとしたりして結果的にアンブシュアや体に大きな負担がかかってしまいます。また息も遠慮がちの吹き方になってしまいかねないので消極的な演奏になる可能性があります。

②抵抗感が多すぎるリード 音を出すだけで相当のパワーが必要になりバテやすく、リードに柔軟性もなくなるために結局音量の幅が出しづらいということが考えられます。ppも出しにくくなります。mpとmfが音量の幅の限界といったところでしょうか。

③適度な抵抗感のあるリード ①と②どちらとも極端な例なのですが「少なめの抵抗、多めの抵抗、それぞれから良い特徴をとった、いわゆる適度な抵抗感」が私の理想的な表現です。そしてこの適度な抵抗感の中に軽めのもの、中ぐらいのもの、重めのものが存在し、この適度な抵抗感のくくりの中で、一人ひとりの吹き方や好みに合ったものを目指して作っていくわけです。

では、なぜ適度な抵抗感が必要なのでしょうか。下の図に書いてあることについてさらに詳しく説明すると(多少言葉は重なりますがまとめになります)

適度な抵抗感があると、安定したアンブシュアを通してしっかりと息を吹き込む事ができます。いわゆる健康的な吹き方です。何度も書いているように、私たち管楽器を演奏する人にとって「息」は最重要ポイントです。抵抗がなさすぎると息をセーブしてしまいがちになり不安定になる音程や音色をカバーしようと体に余計な負担がかかってしまい、結果的に息の引っ込んだ消極的な演奏になってしまいます。抵抗がありすぎると音は暗く聞こえるかもしれませんが、重いので多くのパワーを必要として長く自由な演奏を保つ事が難しくなります。その結果やはり健康的で自由な演奏からは遠ざかっていってしまいます。この比較からもわかるように「適度な抵抗感を知る事」「適度な抵抗感を作る事」は自分らしい演奏を可能にしていく上でとても大事なポイントなのです。

では、具体的にどうやって抵抗感を増やすのか、また減らすのか、上の画像にも書いていますが詳しく説明していきましょう。

まず、抵抗感を増やしたい場合(リードが軽すぎる場合)は「先端の薄い部分が広くある時は先端をカットする」、「針金を巻いてみる」、そして「先端の薄い部分と次の厚くなっていく境目、つまり山の形をした部分にしっかりと境目を作ってあげる事」、これらを私は試しています。3つ目については詳しい場所を書いたので下の図をご覧ください。↓

次に、抵抗感を減らしたい場合(リードが重すぎる場合)は「全体をまんべんなく少しづつ薄くする」「両サイドを少しづつ薄くする」「スクレープより下側でサイドの部分をわずかに削ってあげる(最終的な手段として使っています)」、これらを私は試しています。3つ目について詳しい場所を記しました。ご覧ください。↓ また、図には書いていませんが追記として「先端から下に行くときに厚くなる部分を少し薄くしてあげる」のも良いでしょう。

一つだけ気をつけていただきたいのは、削る場合に「中心、ハート部分は必要な場合にのみ最後に削ること」です。ここから削ってしまうと背骨の部分が薄くなり、両腕に当たるサイドの部分は厚いまま残っていると不安定なのに振動ばかりして、ますますキンキンした硬い響きになってしまいますのでお気をつけください。

抵抗感、そして適度な抵抗感がなぜ大事なのか、さらに抵抗感を減らす/増やす私なりの方法についてお話ししました。もう少しこのシリーズは続きます。今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

Viel Spass und Freude am musizieren! 音楽に楽しみと喜びを★(2020年9月26日)

コメントを残す