【オーボエ奏法】音を飛ばすということについて

「音を遠くまで飛ばす」「響きが遠くまで届く」「近鳴りではなくて遠鳴りの音」

どうすればそういう音が出るのでしょうか?楽器?息?リード?支えが足りない?

具体的な可能性は浮かびますが、いまいちピンときません。今日は「音を飛ばす」という大きなテーマについてとても「シンプルな一歩」をお話ししようと思います。もちろん簡単なことではありませんし、文章だけで全てが解決するとは思いませんが、それでも、シンプルでわかりやすい一歩としてお伝えできたらと思います。

楽器は私たちの音楽を表現する媒体です。良いに越したことはありませんがそれが一番大事とは限りません。息?そうですね、とても大事なことです。けれども目に見えにくい分野ですよね、もっと具体的にわかりやすい着眼点はないのか?支え?それも大事ですね、けれど支えとかお腹とか意識すればするほど不自然になっていったりしませんか?もっと見えやすくて、聞きやすくてわかりやすい部分があります。それはリードのみで音を出すことです。ぎゃーと言うクローではなく、実際に演奏する形で出すピーピー音です。

リードのみで音を出すこと、ドイツ語ではpiepsen (ピープセン)と言います。日本語ではどういうのかわかりません。どなたかご存知でしたら教えてください。

今までに何度かお話してきたように、ピープセンはとても大事だと私は思います。一つの音だけでなくHを基準としてCis,そしてDisまで出ると更にいいよね、というお話もしてきました。なぜ音程を変える必要があるのかというと、オーボエを吹いていく中で、私たちは無意識のうちにアンブシュアのポジション、本当に僅かですがリードを包み込んでいる口の周りの筋肉の圧力を変えて吹いています。それは音域によって変化し、強弱によって変化します。それを自然と身につけています。そうでないと音程は高音域になるに従ってどんどんぶら下がってきますし、小さい音などは、かすってしまうか爆発した出だしになってしまうでしょう。ピープセンの機能についてはこれぐらいにして、今日の本題です。

ピープセンをする時の息の勢い、これが音を遠くに飛ばせるかどうか、一番シンプルでわかりやすい目安のひとつになるのではないか」と私は考えています。

要するに、凝縮されたスピードのある息です。これが音を遠くに飛ばす上で一番大事なことだと思います。リードの開きはとても小さいものです。そこに凝縮してスピードのある息を吹き込む。量が多すぎては息が溢れ出てしまいますし、アンブシュアによる圧力が少ないと息の勢いがなくなり音は飛ばないばかりか、音程までぶら下がってしまいます。(アンブシュアによる圧力というのは決して噛むことではありません、リードを包み込み支える唇の周りの筋肉のことです)

息のみだとよくわからない、楽器も一緒になってしまうと複雑すぎて余計にわからない、だったらリードだけで試してみれば良い。リードにどんな息を吹き込んでいるか、それがほぼそのままオーボエと一緒に吹いた時に反映されると思います。勢いよく流れ出てくる水とホース、その出口をキューっとつまんで絞ってあげるとホースの狭い先から出てくる水の勢いはとても鋭くスピードのあるものになります。それがオーボエリードに吹き込む息のイメージです。リードのみでピープセンをしてトレーニングすることを私がとても重要視しているのはそういうわけです。

息のことがよくわからなくなってきた、楽器と一緒に吹くと色々な要素がありすぎて余計にわからない、そんな時は一度リードだけのピープセンを試してみてください。そしてこの「ピープセン」、日本語ではどう言うのか、もしお分かりの方がいらっしゃったら教えてください★今日はこの辺で。最後まで読んでくださってありがとうございます。

Viel Spass und Freude am musizieren! 音楽に喜びと楽しみを★

コメントを残す