【オーボエリードについてのご質問】①

頂いたご質問に対しての私の意見を回答として書かせていただきます。まず結論を書いてから細く説明などしていきましょう。では早速本題に入りましょう。

【ご質問】開きはちょうど良く息は入りやすいが、少し音が荒い第3オクターブキイの音程が不安定になる。十分に軽いので削るのはリスクがある。手を加えるならばどの辺りか?巻き直しは必要か?

【私の回答】①十分に軽いオーボエリードならば、そして先端部分の面積に余裕があるならば「先端を髪の毛一本ぶん程、わずかにカットする」ことがひとつ目です。少しだけ抵抗が増して(先端の薄い部分が減って)音色に荒さがなくなる可能性はあります。また、音程も抵抗感が少し増えることにより安定する可能性があります。

②オーボエリードの両サイド部分に厚さ的な余裕があるようならば、少しだけ削ってみてあげることがふたつ目です。

③オーボエリードを巻いているテープをもう一巻きしてみる。

④巻き直しはしないほうが良いでしょう。なぜならば十分に軽いオーボエリードは巻き直すことによって「コシ」がなくなりぺったんこになる可能性があるからです。

これぐらいでしょうか。

【補足説明】オーボエリードというのは、木の厚みで音色を支えている面があります。軽くなればなるほど音色がペラペラになっていくリスクがあるのは自然なことです。できるだけ軽く、けれど音色を保つというのは物理的に相反するもので、実は一番難しいことでもあるのです。少し繊維が荒いものですと、吹いていくうちに音も荒くなってしまう可能性はあります。そして、残念ながら繊維が荒いために音も荒くなることに関しては画期的な改善方法は無いのではないか、と私は考えます。

反対に、木の材質が優れていると(密度がしっかりある、硬すぎない、模様が少ない、ツルツルの表面などなど)厚かろうが薄かろうが良い音色を保ちやすくなります。しかしながら、そのような「超優秀な材料」というのはいつでもどこでもあるものではないんですよね。だから色々な方法やテクニックを駆使してそれを実現しようとしているわけです。

以上、参考になればと思います。今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

Viel Spass und Freude am musizieren!! 音楽に喜びと楽しみを★

コメントを残す