【オーボエ奏法】迷うにしても具体的に、そして的を絞って…

何か演奏に不具合が出てきた時、その原因について色々と考えたり試したりしますよね。迷うのは、まあ良いことではあるのですが…. 今日のテーマです。

もちろん色々と試してみることは必要です。どんな新しいものが自分に合うのか、試してみないことにはわかりませんし、合わないとわかったら納得して次の可能性を試すことができます。ただし、何について迷っているのかはっきり意識してそれを改善するために何の分野に焦点をあてて何を試しているのか絞った方が良いでしょう。でないと、そのうち一体何が問題なのか分からなくなるかもしれないからです。もちろん、そんな事がわかれば苦労しないよ、とも言えますが、それをしていくのが修行であり….必要ならばレッスンなどがあるわけで…

話は戻って、何について不具合を感じているのか?

音程が低いのが問題なのか?         逆に音程が高くなってしまうのか?
リードが振動しないのが問題なのか?
特定の音が不安定なのが問題なのか?
高音が窮屈なのが問題なのか?
ピアノが発音できないのが問題なのか?

色々とあります。
そしてそれぞれに対処法はあります。前述の通り、何が問題なのか、何をどう解決したいのか、という事をはっきりさせることは実は結構難しいんですよね。だって自己分析、ふり返り、自己調整能力… いろいろな観点から自分を見つめていく必要があるから。でも、とても大切なことです。

ちなみに
「何だかよくわからないけど調子が悪い、けれど何故だかわからない。」
そんな時、私はだいたいいつも同じことが原因でした。

それは
』です。といっても大量の息を吹き込めばよいという話ではありません。そもそも息の入り口が極端に小さいオーボエに大量の息は必要ありません。密度と圧力のある健康的な息の感覚、これが意識出来ていないと「どうにも不快な感じ」になって色々と演奏に支障が出てきていた、これが私自身が「何だか不調」と感じる主な原因でした。

息の感覚が充実すると、それに呼応して他の要素もその域のレベルに必要なものに変わっていくと思うのです。息の感覚が充実していないと極端な話、何をしても充実感が出てこないと思うのです。何度もお話ししていますが、水が出ている水道のホースの先を指で狭くしてあげる、というのが私のイメージです。水(息)の量は変わっていませんが、密度と圧力は増えています。これが開きの極端に小さいオーボエリードの吹き口に的確に息を送り込むことにつながります

私の場合は「息」というテーマと向き合う必要が多くありますが、何のテーマについて向き合うかは人それぞれです。とことん見つめて考えて、的を絞って改善していく。そうするとオーボエ演奏が楽しくなってくるはずです。ちなみに、今の私の課題は「アンブシュアを支える唇の周りの筋力を以前のように戻すこと」です。そのために必要なことも分かっています☺️

今日はこのへんで。

Viel Spaß und Freude am musizieren!

音楽に楽しみと喜びを★